新築はお得であるのかどうか

新築というのは資産的にそれほどお勧めできるようなものではないというのはよく知られていることです。ご祝儀価格で購入するということになりますので購入した段階ですでに資産価値というのが2、3割は下がることになります。しかしそれでも新築の方が良いというのはステータス性があるということもありますし、キレイですし、徐々に下がっていくことになる住宅の性能というのが基本的には新築であればまず最大の状況であるということになるからです。そういうことがありますので新築というのは基本的には良い住宅の購入の仕方であるというのは間違いないことではあるでしょう。運用資産としての物件としては新築はよろしくはないのですが自分がそこで長く住むということが大前提であるのであればそんなことはそこまで気にするようなことではないです。むしろ、しっかりとした新築を購入するということによって安心して住むことができるようになったりするのでそちらの方がお勧めできる要素が強くあったりします。