マイホームの土地選びへの思いは当時と違う

一戸建てマイホームを建てるきっかけは「こども」です。子どものことを考えて、「やっぱり一戸建てマイホームは必要だわ!」と、夫婦ともに一念発起したのです。ですからマイホームを建てた場所は、住宅街にしたのです。子どもと同い年ぐらいの子がいれば、遊び相手になるでしょうし、それに住宅街なので人の目がありますからね。登下校時も安全かなと思ったのです。また、駅やコンビニへもアクセスしやすい場所なんです。けれども、デメリットはと言えば、土地が狭いんです。学校から離れた土地も検討しました。今の家の土地よりも広い土地ですからね。しかし、「学校から離れちゃ不便でしょ。子どものための家なんだから、学校に近い方がいいでしょう」と思い、住宅街にしたのです。けれど、子どもが巣立った今となっては、郊外の土地でも良かったなーと思うわけです。なんてことはないのですが、町内会の行事(清掃活動や今でもある子供会のお手伝いなど)も億劫なんです。子どもが巣立った今となっては、もっとゆっくり静かな土地がいいなーと思ってしまうものですから。