私は今の住宅を選ぶ前に、色々な物件の内見をした記憶があります。内見してみて、各物件を慎重に比べてみたかったのです。家の間取りなどを全く確認せずに後悔してしまうのは嫌だったので、できるだけ沢山の物件を比較するよう心がけていました。ただ今振り返ってみますと、ちょっと件数が多すぎたように思います。私の場合は、確か10社程度の物件を比較検討した記憶があります。その数が多すぎて、だんだん物件が分からなくなってきたのです。どの家がどの会社の会社なのか分からず、混乱してしまった記憶があります。それと10社も下見するのは、かなり時間がかかるのです。1社内見するだけでも、それなりの労力がかかります。10社も見て回るのは、かなり時間がかかってしまいますので、もう少し件数を控え目にしておくべきだったと、今は思います。色々な物件を比較してみるという考え方自体は、間違いではありませんでした。しかし数が多すぎるのもまた問題だと、強く実感した事があります。