自分の中で家に対する気持ちがとても大きくなる時期と、そうでもない時期がありましたが、結果的のやはり将来的には新築の一戸建て住宅に住みたいと思う気持が勝つので、家族で話し合いの場を設けて、家を建てることになりました。家を建てるにあたり、一番大切な事はやはりお金です。ある程度の頭金が無いと、本当に理想としている家が建てることが出来ないと思ったので、昨日今日で決められる事ではないので、それなりに貯金も頑張って来ましたが、結局、親の援助も少しあって、ようやう新築の一戸建て住宅を建てられることになりました。家族それぞれが家に対して要望を出すことがありまして、その中でも家族の意見が一致したのは、狭くても各自の部屋が欲しいと言う事です。そして次にリビングは広く、夜はシアタールームになるようなスペースを作りたいと言う事です。また、リビングダイニングは二階にして、各自の部屋を一階に造りたいと言う事になりました。最終的は家族全員の希望を叶えられる家を持つことができました。