新築住宅でここだけは譲れなかった場所

家を建てたい、いつかは家族の家を持ちたいと言う事を夫が言ってくれていたので、その夢に私も乗っかって来ました。その夢が現実的なると言う時には、何軒もの住宅展示場を回り、その夢を具体的なものへする準備をしてきました。家に関する拘りは夫も私もそれぞれが違い、自分達の理想を叶えてくれるように工務店さんと入念な話し合いと言うのか、相談をしました。まず、夫の譲れない部分は、浴室には窓を造り、庭の部分が見える様にしたいとのことでした。位置的には朝日を拝める場所なので、窓は必須のようでした。私は浴室には防犯上の事があるので、窓は小さな方が良いと思っていましたが、夫の譲れないポイントなので、そこは目を瞑りました。私の譲れない点はキッチンカウンターを長くして、リビングと対面式にして、キッチンと浴室、洗面所の導線を結んで欲しいという条件を出しました。幸い、夫の希望も私も希望もスムーズに叶えてられて、願った通りのマイホームを手に入れられました。