建売住宅の意外な落とし穴、カーテンと網戸

我が家は子供とペットのために、都市部のペット可アパートから郊外の庭付き新築建売一戸建に引っ越しました。その時に意外な落とし穴がありました。建売の新築一戸建はカーテンと網戸がついていないのです。引越し前に中を見て気づいたのですが、カーテンレールがありませんでした。網戸も同様で現地の案内をしてくれた担当の方から「網戸はつけますよね?」みたいなことを言われ、引越し後の都合のいい日に業者さんが来るということでした。その網戸の取り付け料金は別で、またカーテンレールも自分で買って取り付けなければならず、意外なところで意外な出費と手間がかかりました。後に注文で家を建てた方に聞いたところ、注文住宅だとこのようなことはないとのことでした。カーテンレールは内装の時に一緒に依頼して付けてもらったようで、引越しの時には全部揃っていたとのことです。おそらく網戸は取り付けておくと破れてしまうことがあるからだと思いますが、カーテンレールがないのは盲点でした。